インプラントについて

インプラントというと、歯がまったくなくなっても、しっかり土台を埋め込んでそこに歯を差していくというものです。 入れ歯にしないともう歯がないというときにも、入れ歯にしなくても大丈夫。 でも1本だいたいどのぐらいの価格がかかるのでしょう。 まずインプラントの相場は1本35万円と考えておきましょう。 もちろん病院によって30~50万円とも言われています。 平均が35万ということで、これはそんなに高い価格ではないと思います。 ただし安い歯科医院によっては技術が低く、インプラントの素材が一流メーカーのものでなく、保証などがない場合もあるので、医師を選ぶことが大切です。

大体インプラントは1本で、被せた歯の3本分の価値があると言われています。そこで3倍の価格ということで約30万ちょっとということになります。 しかし、インプラントはまだまだ技術がしっかりしている医師と、不安定な医師もいます。 やはりインプラントはアゴの骨にインプラントを埋め込むために、外科手術が必要になります。 普通の虫歯治療とはちょっと違います。

しかし、麻酔を使って行うので、そんなに痛みもなく行われます。 麻酔も静脈鎮静法というもので、寝ているような感じのまま痛くなく終わります。 手術は1時間程度で終わります。 入院もせずに3日程度で腫れは引き普通に戻ります。 インプラントの成功率は98%と言われているので、あまり心配はありませんが、保険が利かないのでやはり高くなります。 検査診断費用が3万円程度しますが、ここでいろいろな検査をして、インプラントをする準備をします。 それにインプラント本体が20万、被せる人工歯が15万となっています。 このような感じがインプラントの概要です。

Copyright © 2014 インプラントの寿命は? All Rights Reserved.